2016年10月24日~2016年11月23日  Yahoo! JAPAN

ダ・ヴィンチ・コード シリーズ特集

映画 インフェルノを大解剖!

  • GYAO!無料配信

    特別番組(無料配信中)

    特別番組(無料配信中)

    『インフェルノ』の魅力をたっぷり紹介する見ごたえのある24分の特別番組を有村昆と筧美和子がご紹介。

  • GYAO!無料配信

    劇場予告編

    劇場予告編

    ハーヴァード大学の宗教象徴学者、ロバート・ラングドンが、ついに究極の決断を迫られる!1分38秒最新予告編が登場!

  • GYAO!無料配信

    TVCM(30秒Ver)

    TVCM(30秒Ver)

    人気作家ダン・ブラウンのベストセラー小説を映画化した『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズの第3弾。TVスポットが到着。

  • GYAO!無料配信

    TVCM(15秒Ver)

    TVCM(15秒Ver)

    人気作家ダン・ブラウンのベストセラー小説を映画化した『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズの第3弾。TVスポットが到着。

プレミアムGYAO!で「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズをおさらい!

  • プレミアムGYAO!

    ダ・ヴィンチ・コード

    ダ・ヴィンチ・コード

    ルーブル美術館で殺された館長の周りに残された不可解な暗号。容疑者として現場に連れてこられたラングドンは、館長の孫娘で暗号解読者のソフィーに助け出される。ファーシュ警部をはじめとするフランス司法警察に追跡されながら、暗号の謎を解き始めるふたり。そこに歴史を覆す驚愕の真実が......!

  • プレミアムGYAO!

    天使と悪魔

    天使と悪魔

    新たな歴史の謎が暴かれる―。タイムリミット殺人ゲームが、今始まる! 『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ第2弾!!今作ではヴァチカンを狙う秘密結社の陰謀に、ガリレオの遺した暗号を解読して挑む!

イントロダクション

世界的ブームを起こしたシリーズ、待望の3作目


レオナルド・ダ・ヴィンチの名画に隠された謎に迫り、世界中に空前のセンセーションを巻き起こした『ダ・ヴィンチ・コード』。

そして、ヴァチカンを狙う秘密結社の陰謀に、ガリレオの遺した暗号を解読して挑んだ『天使と悪魔』。

全世界で大ヒットを記録した、ダン・ブラウンのベストセラー映画化作品の待望の第3弾は、ハーヴァード大学の宗教象徴学者、ロバート・ラングドンが、ついに究極の決断を迫られる。『インフェルノ』は、地球上での人口急増、さらにその先の人類の危機をテーマにしている。このまま世界で人口が増え続ければ、食料は不足し、環境は破壊され、悲惨な未来が待ち受ける。それをくい止めるためには、地球の人口を減らさなければならないーー。そう考えた生化学者がバイオテロを引き起こそうとするところからはじまる。

プロダクションノート

★イタリアからトルコへ、そして…。全編に息づくロケの魅力

『インフェルノ』では、全体の70%でロケーション撮影が行われた。ロケ地はフィレンツェ、ヴェネツィア、イスタンブール、ブダペストである。

◯フィレンツェ
ラングドンとシエナの逃走劇の背景となるのは、ピッティ宮殿に隣接するボーボリ庭園。ピッティ宮殿は15世紀に造られ、初代トスカーナ大公であるメディチ家の当主、コジモ1世が所有していた。ボーボリは初期のイタリア式庭園の代表作で、ルネサンスの石像や噴水を残し、野外博物館の役割を果たしている。そのボーボリ庭園で、ラングドンらはヴェッキオ宮殿の隠し扉を発見。扉の先にはヴェッキオ橋と同じ長さのヴァザーリ回廊でウフィツィ美術館につながっている。ヴェッキオ橋は古代にエルトリア人によって建てられ、第二次大戦で唯一、町で生き残った橋でもある。ラングドンとシエナがたどり着くのが、ヴェッキオ宮殿の「五百人広間」。ヴェッキオ宮殿のほとんどは博物館として公開されているが、1872年から市役所としての役割も果たしている。五百人大広間も含め、ヴェッキオ宮殿では4日間、本作の撮影が行われた。

◯イスタンブール
シンスキーとシムズがイスタンブールに到着した後のシーンは、アヤソフィアで撮影された。アヤソフィアは6世紀の東ローマ帝国時代に皇帝ユスティニアヌス1世の名で建てられ、世界で唯一、キリスト教、異教徒、イスラム教の3つの宗教に捧げられた場所。現在は博物館として公開されている。地下には船と同じくらいといわれる巨大な水槽があり、ブダペストのスタジオにその水槽のレプリカが作られて、撮影が行われた。

◯ヴェネツィア
ヴェネツィアに着いたラングドンとシエナは、「ヨーロッパのアトリエ」とも呼ばれるサンマルコ広場を抜け、ドゥカーレ宮殿へ向かう。ドゥカーレ宮殿はヴェネツィアンゴシックを用いた建築で、以前はヴェネツィア共和国の総督邸と政庁を兼ねた建物だった。1923年から宮殿は博物館として一般公開されるようになった。

◯ブダペスト
実際の舞台になっていないブダペストでも多くのシーンが撮影された。ヴェッキオ宮殿でダンテのデスマスクが展示されている部屋は、200万点もの展示品を有するブダペスト民族博物館で撮影。ラングドンとシエナがサンマルコ広場で追われるシーンは、キシュツェリ博物館の地下で撮影された。同博物館は、トリニタリアン派修道院として建てられた。またラングドンの悪夢のシーンは、ハンガリー国立歌劇場の横の道で、彼がハーヴァード大学の記憶をたどるシーンは、ハンガリー国立博物館で撮影された。



★30年以上にわたり、23本の長編映画を撮ってきたロン・ハワード監督だが、続編を手がけたのは、このロバート・ラングドンのシリーズのみ!

ロン・ハワード監督は、「僕はつねに違ったことにチャレンジするようにしているが、ダン・ブラウンの原作は各作品がそれぞれまったく異なり、どのアドベンチャーも違うテーマが探求されている。『インフェルノ』は今までで一番スタイルが個性的。このシリーズでは、気に入った登場人物の元に戻りつつ、新しい方向に自分を押し出すことができるんだ」という。それほど新しいチャレンジが続編に都度含まれているということである。